買取と下取の違い

買取も下取も車を売ることに変わりはありませんが、下取が新たに購入する車の販売店に現在の車を売るのに対し、買取は新たな車の購入とは関係なく、自分が決めた業者に売る自由がある点で異なります。
買取では車の人気やメーカー純正でないパーツ類を含めた装備の面が査定に好影響を与えることが多く、かなりの高額査定になることもありますが、車の買取価格はオークションの影響を受けているために相場に変動があり、売り時を見誤ったが為に残念な金額で売るしかない場合もあります。
一方の下取では、新たに購入する予定の車がこれ以上値下げできないとき、下取価格を上げることで購入予定の車の値引きにつなげることができます。しかし下取価格が買取価格を上回ることは殆どなく、社外パーツ品は逆効果になることも少なくありません。
買取金額のベースとなるオークションでの相場と下取の相場は必ずしもリンクしていません。その上、買取店が扱った車は、海外も含めた様々な流通ルートを通じて流れていくのに対し、下取で引き取られた車は国内の一般中古車市場に流れていくに過ぎません。そのため両者の引き取り価格に違いが出てしまい、若年層を中心に買取店への売却が増えている現状があります。
しかしながら、買取価格は市場の人気に左右されているため、車種によっては期待したほどの価格が出ないことも珍しいことではなく、メーカーが下取強化を行っている場合は、下取のほうが得になるケースもあります。
トラック王国